読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャイプラ(*China News+)

海外で見つけたおもしろい話題を時々紹介。読めば気分転換できるかも。

中国水泳界の「爆弾娘」がオリンピックの試合後にうずくまり「ごめん生理が来ちゃったの」⇒欧米メディアで絶賛へ

中国水泳界で「洪荒(混沌・怒涛)パワー」「土石流」などとニックネームで呼ばれ、天真爛漫なキャラと爆弾発言、もちろんそのオリンピアンとしての実力で人気の水泳選手が、リオオリンピックでその個性的なキャラで旋風を巻き起こし、世界中で注目されているという。実力も兼ね備えたその話題の選手の様子をお伝えする。

▼リオオリンピックで一躍世界的話題となった傅園慧(フ・ユアンフイ)選手f:id:gaojin2180:20160816220717j:plain

4位入賞の試合後にタブーを破る爆弾発言

8月14日午前、リオオリンピック水泳競技は最終日を迎え、「女子4×100mメドレーリレー」に出場した中国チームは4位入賞した。試合後、中国チームの傅園慧選手(ふえんけい/フ・ユアンフイ/Fu Yuanhui)が、体の不調を訴え、昨日生理が来たのだと話した。
傅園慧選手は「今日はあまり泳ぎは良くなかった、チームメイトに申し訳ない・お腹がとても痛くて、昨日生理が来ちゃったの。力が出なくて、すごくだるい。でもこれが(4位の)理由ではない。私の泳ぎがよくなかった」と話した。

▼インタビューを受けながら、痛そうに話す傅園慧選手

f:id:gaojin2180:20160816220818p:plain

▼そのまましゃがみこんでしまう場面も

f:id:gaojin2180:20160816220820p:plain

情報によれば、以前から彼女は試合後に見せる天然ともいえる個性的で豊かな表情でネットで人気となっており、多くの人々から注目される存在だったという。「洪荒(混沌・怒涛)パワー」を持つと言われる傅園慧選手も、この日は体の調子が悪く、試合後は遺憾だと謝った。おなかを抱えて苦しそうにする様子は、ネットユーザーを心配させることとなった。
傅園慧選手は単に爆弾発言をするだけの選手ではない。弱冠20歳にして、この試合より数日前に行われた「女子100m背泳ぎ」競技では銅メダルを獲得した実力を持つ、中国水泳チームのホープの一人なのだ。

▼傅園慧選手は20歳にして銅メダルの実力も兼ね備える

f:id:gaojin2180:20160816221916j:plain

▼銅メダルの表彰式での傅園慧選手 その表情はやはりコミカル

f:id:gaojin2180:20160816221249j:plain

このタブーを破る発言と個性的なキャラクターに世界中から称賛

イギリスBBC:【リオ五輪】中国の競泳選手、生理とスポーツのタブー破る

中国競泳の傅園慧(フ・ユアンフイ)選手は、レース後インタビューでのざっくばらんな発言や、くるくる変わる表情の魅力で、一夜にしてソーシャルメディアの人気者になった。
その傅選手が今度は、別の観点からまたしてもネットの話題になった。今度は、生理について語ることで、スポーツのタブーを破ったからだ。
・・・
この発言は、多くの中国人視聴者に響いたようだ。大勢はソーシャルメディアで、傅選手を応援した。
中国のSNS「新浪微博」でユーザーのTAOさんは、「生理中に泳いだ傅選手をとても尊敬する。生理は女性に色々と影響するから。特に生理痛がある時に。(略)4位になって自分を責めていたけど、傅園慧、みんなまだあなたを誇りに思ってますよ」と書いた。
月経中の競技参加は確かに「紛れもなくタブーな話題だ」と、スポーツ医学に詳しいジョージー・ブルイベルスさんはBBCに話した。
「(世界レベルの)コーチの多くは男性なので、『いま生理中です』と言い出しにくい女性選手にとっては大変だ」と言うブルイベルスさんは、月経と競技の関係について認識を広めて今まで以上に研究を促すためには、傅選手の発言のようなきっかけが必要だと指摘する。

アメリカ・ニューヨークタイムズ:中国の「金メダル至上主義」を変えた!天然系の愛されキャラ、競泳女子の傅園慧選手

2016年8月14日、リオデジャネイロ五輪で一躍「時の人」となったのが、女子競泳の傅園慧(フー・ユエンホイ)選手。自由で生き生きとした発言が「多くの中国人の共感を呼んでいる」とアメリカ・ニューヨークタイムズが報じている。

決勝進出を決めたにもかかわらず、次への意気込みを聞かれると「出し切った!」「もうこれで満足です!」と答えるなど、天然キャラを発揮して一躍ネットアイドルとなった。堅苦しいステレオタイプの受け答えしかしないという中国人選手のイメージを打ちこわし、そのユニークな個性に欧米メディアも注目。ニューヨーク・タイムズ紙もこの話題を取り上げている。

同紙は傅園慧の出現について、中国の「金メダル至上主義」が「変わりつつあることを示している」と指摘。中国社会では長年、銀メダルでさえ「失敗者」と見られ、盲目的な金メダル崇拝が国民の間に根付いていた。しかし、傅園慧はメダルに一切こだわらず、自分の出したベストタイムに大満足し、喜びを爆発させた。現在、彼女が中国で絶大な人気を集めているこの状況について同紙では、「中国人の中では金メダルへの執着が薄れつつあり、アスリートの魂そのものを賞賛することに意識が変わってきたという証しだ」と伝えている。

大きく変化する中国の中で新しい価値観を持った若者が、次々と生まれてきている。(了)

 

 

【関連動画】

今回発言したインタビューの動画(中国語音声)


Fu Yuanhui breaks periods taboo after mediocre performance in swimming relay

 

【関連記事】

傅園慧(フ・ユアンフイ)選手の経歴などまとめ

matome.naver.jp

 

【記事・翻訳:高晋】

Via/Pic:NetEase etc

 

【よろしければブクマ・読者登録をお願いいたします】