チャイプラ(*China News+)

海外で見つけたおもしろい話題を時々紹介。読めば気分転換できるかも。

飛び込み選手がオリンピックの表彰式でプロポーズ

中国の選手がオリンピックでプロポーズしたと話題になっている。話題になっているようなので取り上げる。

表彰式でのプロポーズ

中国の飛込チームで初めてオリンピックに参加した施廷懋(していぼう/シーティンマオ/Shi Tingmao)選手は文句なしに金メダルを獲得したが、準優勝の何姿選手(かし/フーズー/He Zi)が「話題をさらった」。と言うのも、表彰式の際に秦凱選手(しんかい/チンカイ/Qin Kai)が跪いて彼女にプロポーズしたのだ。何姿選手は涙を浮かべながら指輪をつけた。

f:id:gaojin2180:20160815232901j:plain

リオオリンピック9日目、北京時間の15日朝6時半、中国代表は新たに金メダル1個と銀メダル2個を獲得した。累計で金14個、銀13個、銅17個で計44個となった。金メダルランキングでは、アメリカの26枚に次いで、イギリスと並んで2位となっている。そんな中、本日のロマンチックな一幕は「女子3m飛板飛込」の競技の表彰式の現場で起きた!

f:id:gaojin2180:20160815232906j:plain

記者がすぐに秦凱選手に取材したところ、この飛込チームの(元)オリンピックチャンピオンであり、今回のオリンピックの「男子3mシンクロ飛板飛込競技」銅メダリストは、プロポーズの言葉を明かした。「全世界の目の前で、勇敢に立ち上がり、あなたにプロポーズし、全世界の祝福を得たい。愛していることを、全世界に知らしめたい!愛のために、今回はクレイジーになる」と言ったという。

f:id:gaojin2180:20160815232907j:plain

しかし、現場で何姿選手はなかなかYESと言わなかったので、観客は秦凱選手の代わりにやきもきした。何姿選手は後程、記者に対して沈黙の2分間の内心を語った。「本当に予想もしていなかった。ついさっき試合を終えたばかりだったし、あんなに多くの人が見ていたので、とても恥ずかしかった。ほんとうにほんとうに恥ずかしくて、少しよくないことなんじゃないかとも思った」という。

f:id:gaojin2180:20160815232908j:plain

何姿選手はさらに説明するところでは、「私たちが付き合ってもう6年になるけど、今日プロポーズするとは全く思っていなかった、私もこんなに早く自分が嫁に行くとは思ってなかった。彼は一生言うことを聞くと言ってくれたのに感動したの」という。

f:id:gaojin2180:20160815232909j:plain

世界中がしらけている可能性もある気もする中だが、プロポーズは成功したようで、めでたしめでたし(了) 

 

【関連記事】

何姿選手の画像集のサイト。ウルトラマンの娘、吉本多香美に似ていると感じる。

http://jp.xinhuanet.com/2012-08/12/c_131773460_2.htm

 

 

【記事・翻訳:高晋】

Via/Pic:sina.com

 

【よろしければブクマ・読者登録をお願いします】