チャイプラ(*China News+)

海外で見つけたおもしろい話題を時々紹介。読めば気分転換できるかも。

【中国はパラダイス】中国安徽省の老人が不用部品で“イケてる車”を作って水陸どこまでも爆走

2016-07-08 08:35

 中国は安徽省淮北市、65歳の定年悠々自適の元炭鉱鉱夫の自由人王一光さんは水陸両用の“イケてる車”を自作。毎日愛車と一緒に爆走し、晩年を豪快に満喫中。

http://img6.cache.netease.com/photo/0001/2016-07-08/BREISP1T00AP0001.jpg

http://img2.cache.netease.com/photo/0001/2016-07-08/BREISP1R00AP0001.jpg

王さんがつくる“イケてる車”は造型から奇抜だ。車はほとんど全ての部分が不用部品を使って組み合わせており、車体の上には子供用の風車、プラスチックの“スーパーマン(※1)”、そして堂々たる国旗が飾られている。作品はもちろん模倣品だが、とてもファッショナブルだ(※2)。

(※1:訳者注:原文直訳。でも見たところウルトラマンのようだが…)

(※2:訳者注:これも記事の原文をそのまま翻訳。何が模倣なのか意味わからないし、ファッショナブルと言ってしまうこの記事を書いた記者の神経を疑わざるを得ない。もしかしてこの記事はマジで書いているのか?やはり中国はパラダイス)

http://img2.cache.netease.com/photo/0001/2016-07-08/BREISP1V00AP0001.jpg

【元の記事:中新網→網易】

news.163.com

【原文】

安徽老人用废旧零件造"逍遥车" 水陆都能跑

2016-07-08 08:35

2016年7月6日,安徽省淮北市,六十五岁的煤矿退休工人王一光自制了一辆水陆都能跑的“逍遥车”,他每天和自己制造的爱车在一起,享受晚年生活。

王师傅自造的“逍遥车”造型别致,车辆几乎都是用废旧零件组合而成,车体上再安装上儿童风车、塑料“超人”模型和国旗装饰,制作品虽是山寨版,却很是时尚。

 

【関連記事】

以前テレビ番組でやっていましたが、東南アジアでは耕運機を高速に改造したりするのは割とポピュラーなようですね。↓はそれでドラッグレースやっているようです。

dailynewsagency.com

でも今回みたいに、“イケてる”改造をするのは中国ならではのパラダイスかもしれません。

 

【関連地図:安徽省淮北市】

淮北市は安徽省の最北端、河南省との省境に近い町ですね。曹操のふるさととして知られる亳州市のお隣です。北に少し行くと徐州(かつての彭城)、南には垓下などがあるので、歴史好きな人にはなじみのある地域かもしれません。

 

【翻訳・追記:高晋】