チャイプラ(*China News+)

海外で見つけたおもしろい話題を時々紹介。読めば気分転換できるかも。

【プチ仙郷】四川省楽至報国寺の「樹抱仏」

こんにちは

 

チャイプラ管理人のコーシンです

 

ちょっと不謹慎なギャグかもしれませんが

 

三峡ダムができてから

中国西部は水がたっぷりしみて地殻が緩くなったんじゃないでしょうか

それで最近は四川とかその他西部の省で地震がよく起きてるんじゃないかな~

 

なんて

 

思ったりして

 

あくまで妄想ですよ! 

 

・・・

 

まあこれはあくまでギャグなんですが

 

干ばつ・大水害などが毎年のごとく頻発している中国は

気候変動の影響を強く受けている地域の一つではないかなと思います

 

変わった樹がある四川省楽至報国寺

 

四川省の楽至という田舎の山の中にある報国寺というお寺には

石仏が樹に抱かれている珍しいものがあるということです

 

その写真です

f:id:gaojin2180:20170521231008p:plain

f:id:gaojin2180:20170521231015p:plain

f:id:gaojin2180:20170521231016j:plainf:id:gaojin2180:20170521231011p:plain

f:id:gaojin2180:20170521233057j:plain

まとめ

この樹は近年根腐れが起きてしまって

枯れるかもしれないということで

保護の取り組みが行われているようです

これも環境変動の影響かもしれません

 

お寺は四川省省都 成都の南西にある楽至県という街の郊外

龍門郷という村の金亀山の上にあるようです

観光地ではないようなので

行き方の情報は見つかりませんでしたが

楽至は成都からバスで3時間ぐらいですかね距離的には

楽至からお寺は20キロの距離

路線バスなどの交通もあるかもしれませんが

タクシーで行くのが楽かもしれません(了)

 

コーシン

 

ソース:

四川千年“树抱佛”奇观病危 根系出现腐烂_高清图集_新浪网